度ありのカラーコンタクトでオシャレ

度ありのカラーコンタクト

カラーコンタクトには、「度あり」と「度なし」があります。
視力の悪い人は、きちんと眼科で視力を測って、度ありを購入しましょう。視力に合ったものを装着しないと、視力が落ちます。カラーコンタクトの選び方も、普通のコンタクトレンズと同じで、レンズの薄いものや酸素の通過性の良いものを選んだ方が目に優しいです。

 

外国製のカラーコンタクトの中には、日本の安全基準を満たしていないものがあります。日本では、高度管理医療機器販売許可店でないと販売できないようになっています。安全な店かどうかを確認してから購入してください。

 

度が入っているものもあります

 

カラーコンタクトというと、度が入っておらず、誰でも付けることができるという簡単なイメージがあります。その一方で、度が入っているものもあります。通常のコンタクトレンズに色が入ったものと見ることができます。

 

そのため、普段コンタクトレンズを着用している人は、使っているものと変えるだけでカラーコンタクトを楽しむことができます。加えて、眼鏡で視力矯正をしている人も、眼鏡を掛ける必要がなくなり、かつ色の変化を楽しむことが可能になったのです。普段使っているものに追加ではなく、交換という形になるので、コストパフォーマンスも良いのです。

 

度ありのカラーコンタクト

 

カラーコンタクトには度ありのものがあります。カラーコンタクトの度数は-0.00の度なしを境に、近視用はマイナスで表されています。マイナスの数値が大きければ大きいほど、度が強くなります。
この度数については、たとえ同じ視力でも人によって度の違う眼鏡やコンタクトをつけたりすることがあるように、視力がこうだから度はこれでなくてはいけないということはありません。

 

実際に度ありのカラーコンタクトを使ったときに目などに違和感や負担がないということが大切です。度ありのものも処方箋はなく買うことができますが、初めて購入するときなどには眼科で検診したり相談すると良いです。